ツムラの美容商品の種類について

ツムラは、明治時代に漢方薬局として創業を始めました。この頃から今でもよく売れている入浴剤の元祖となる、くすり湯が販売されています。その後も、皮膚の疾患が治り、身体がよく温まる入浴剤が開発されていきます。
ツムラの入浴剤は、最近ではツムラという会社が製造しているのではなく、商品名の会社で製造、販売がされています。しかし、ツムラの創業以来の伝統や経営理念は引き継がれているため、ツムラを存続しながら商品が製造、販売されています。
近年の入浴剤のブームは、入浴時に身体を温めることが、美容のためにもよい効果があることにもよります。一日の疲れを癒やすための入浴は、心身ともにリフレッシュ出来るため、必要なことです。寒い季節などは、肌荒れや乾燥を伴いますが、入浴剤に含まれる保湿成分によって、肌をすべすべと美しく保てるようになります。何も入れずにつかっていることよりは、美容のためによい効果があるため、色々とある入浴剤の種類についても知っておくと有意義です。
ツムラの時代から販売されている入浴剤も、様々な種類があります。ゆず、森、ジャスミン、ラベンダー等、香りの様々を楽しむことが出来るため、自分達の好みで購入することが出来ます。また、トウガラシやしょうが等、身体を温める成分が入った薬湯も販売されています。さらには、全国の温泉の湯質と温泉の情緒をとりいれた入浴剤も販売されています。温泉ミネラル成分と炭酸ガスが配合されたものもあります。
入浴剤の種類は多いため、色々な種類を購入し、楽しむことが出来ます。ゆっくりと湯船につかり、血行を良くすることは、質のよい睡眠もとれるようになるため、健康や美容のためにとても役に立ちます。

ページの先頭へ戻る